サービス詳細

クルーザーに関する
全てをお任せください

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ボートライフナビ
  4. クルーザーの価格はどのぐらいが相場?気になる船体価格
豪華クルーザーの中にあるプール

クルーザーの価格はどのぐらいが相場?気になる船体価格

初めてクルーザーを購入する予定のある方、あるいは今よりも大きなクルーザーに買い換えたいお考えのオーナー様にとって、やはり気になるのは「船体価格」ではないでしょうか。

クルーザーの大きさや室内オプション、デザイン、エンジン等のメカニック部分など、船体価格を左右するポイントはいくつもあります。そこで、今回はクルーザーの大きさごとに船体価格の相場をご紹介します。現在クルーザーの価格を調べている方へ参考になるように解説します。

大きさで変わるクルーザーの船体価格

小さなマリーナ

クルーザーの価格を左右する要素はいくつかありますが、そのなかで最も影響するポイントはクルーザーの「大きさ」です。

個人で購入するクルーザーサイズは20フィートクラスからはじまり、30フィート、40フィートぐらいですが、そのあたりの船体価格相場はどのぐらいでしょうか。

全長20フィートクラスの小型クルーザー

全長20フィートクラスの小型クルーザー

全長20フィートの小型クルーザーは、家族パーティや釣りなどで利用しやすい船です。価格もリーズナブルで200~500万円程度で購入できます。

また、中古の場合は半額程度にまで下がるようなので、クルーザーによっては100万円台で購入できるケースもあるようです。もちろん、1,000万円近い価格の小型クルーザーもあり、充実したマリンライフを過ごせる仕様で作られています。

より「快適なマリンライフを求めている」のであれば、新艇とオプションを組み合わせたクルーザーを検討してみるのも良さそうです。

全長30フィートクラスの中型クルーザー

全長30フィートクラスの中型クルーザー

カジキ釣りなどの本格的なフィッシングまで楽しめる全長30フィートクラスの中型クルーザーは、海上での疾走感や開放感を堪能できます。

小型クルーザーと比べて船内空間も広いのが特徴です。船体価格も1,000万円以上が多く、なかには3,000万円程度の高級感あふれるクルーザーもあります。

全長40フィートクラスの大型クルーザー

全長40フィートクラスの大型クルーザー

「海上を走る別荘」との呼び声も高い全長40フィートクラスの大型クルーザーは、機動性と居住性の両方を兼ね備えた夢のクルーザーです。某新艇販売サイトでは40フィートクラスの船体価格が8,000万円以上のクルーザーもあり、1億円を超えることも珍しくありません。

また、50フィート以上の超大型クルーザーの場合、個別に見積もり対応をしているメーカーが多くなっています。この辺りのクルーザーはオーナーの趣味趣向によって変わってくるので価格は参考程度に、そして購入する際に満足できる船なのかが鍵となりそうです。

高級クルーザーとしてレクサスから販売されているクルーザー

明石海峡大橋と淡路島の周辺を走る「クルーザー」
明石海峡大橋と淡路島の周辺を走る「クルーザー」 ※『LY650』ではありません。

欧米では大型クルーザーのことを「ヨット」と呼びますが、そのなかでもラグジュアリークラスヨットとして世界中のセレブから注目を集めているクルーザーがあります。

それが、あのレクサスがマリン事業に参入し、開発したクルーザー『LY650』です。船体価格は7億円ともいわれています。

全長65フィートの超大型クルーザー

沿岸クルージングや船上パーティを楽しむことを目的に設計された『LY650』は、定員15人が乗船しても余裕のある広々とした空間が魅力です。豪華なギャレーやリビングも完備された滞在型クルーザーで、内装も洗練された調度品で仕上げられています。

ベッドルームは3部屋完備

クルーザーのベッドルームは窓の数が少ないのが一般的ですが「LY650」はマジックミラーとなっており、抜群の開放感が得られます。

コンセプトが「オーナーの自宅ベッドルームにも負けない快適性」で開発されており、エアコンも完備されています。3部屋あるベッドルームの全てにトイレとシャワールームも設置されています。

高級モーターヨットも!ランボルギーニの小型クルーザー

夕焼けを楽しめるクルーザー
夕焼けを楽しめるクルーザー ※『Tecnomar for Lamborghini 63』ではありません。

ランボルギーニがメガヨットビルダーとして名高いイタリアン・シーグループと共同開発。スタイリッシュを極めた高級モーターヨットをお探しなら「Tecnomar for Lamborghini 63」も検討してみてはいかがでしょうか。

「海上を走るランボルギーニ」と評価されるほど細部までランボルギーニにインスパイアされた船となっています。

船首にはランボルギーニのロゴ

船体は「ミウラ」や「カウンタック」をイメージされて設計されており、その船首にはランボルギーニのロゴが輝いています。航海灯は全てLEDが採用されていて、シアンFKP 37のヘッドライトをモチーフとしています。

最高速度は60ノットに到達

本家ランボルギーニと同じように軽量のカーボンファイバーを積極的に用いることで、全長が63フィートあるにも関わらず、その重量は24トンに抑えられています。

最高速度も60ノット(約111km/h)と最速クラスで心地よい疾走感を味わえます。

ランボルギーニ好きには堪らないコックピットまわり

ランボルギーニのロード・カーを彷彿(ほうふつ)とさせるデジタルメーターや、人工皮革の「アルカンターラ」を使ったシート、ステアリング・ホイールが特徴です。

さらに、エンジンのスタート・ストップのスイッチはロード・カーと全く同じものを使用するなど、ランボルギーニ好きにはたまらない工夫が施されています。

クルーザーと一緒に考えておきたい「保守・管理」サービス

都市が見えるマリーナ

クルーザーの大きさやデザインに関わらず、購入と同時に考えなければならないのがクルーザーの保守・管理です。大事な愛艇をいつまでも良い状態で保つためにも、必要不可欠だといえます。

ボートヒーローでは、クルーザーの保守・管理を一括で行うプランを提供しています。オーナー様の面倒を全て引き受け、快適なマリンライフを過ごすお手伝いいたしますので、ぜひ一度お問い合わせください。

クルーザーの保守管理サービス詳細

関連記事