サービス詳細

船に関するお悩みなら
何でもお聞かせください

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ボートライフナビ
  4. サロンクルーザーと呼ばれる船はどのような船?
内装が豪華なサロンクルーザー

サロンクルーザーと呼ばれる船はどのような船?

ルーザーのことを調べるうちに一度は目にする「サロンクルーザー」。クルーザーオーナーなら一度は調べたことがある方も多いのではないでしょうか。

海外セレブが所有するような豪華な船はサロンクルーザーとして分類されます。今回はサロンクルーザーの特色や遊び方、実際にどれくらいの価格で購入できるのかについて、解説していきましょう。

「サロンクルーザー」ってどんなクルーザー?

運的席の後ろにくつろげる場所があるクルーザー

サロンクルーザーといえば、海外セレブが所有しているような60フィート超えの大型クルーザーをイメージされる方が多いかもしれませんが、実はサロンクルーザーの定義に大きさはそれほど関係ありません。

日本国内で一般的な30フィート台の大きさのサロンクルーザーもあります。

サロンクルーザーの特徴

ラグジュアリーなソファーとテーブル

サロンスペースは、船を家と見立てた場合、リビングダイニングにあたる部分です。

小型クルーザーや中型クルーザーであっても、サロンスペース(つまりリビングダイニング)が充実していれば、それは立派なサロンクルーザーだといえます。

こだわりの内装でオリジナリティを出せる

超大型クルーザーのダイニングキッチン

最近はメーカーの工夫により、小型クルーザーでも十分なサロンスペースを確保することが可能になりました。

さらに、内装や設備を整えることで自分だけの特別な空間を手に入れられます。サロンスペース以外にもシャワールームやベッドルームを完備した最高級サロンクルーザーも人気が高いです。

サロンクルーザーではどういう楽しみ方ができる?

クルーザーの室内入り口

クルーザーの遊び方といえば、クルージングやフィッシングが思い浮かびます。

もちろん、サロンクルーザーでもそれらの遊びは十分行えますが、サロンクルーザーならではの楽しみ方というのがいくつかあります。

開放感抜群の船上パーティ

運転席の隣にあるダイニングテーブル

サロンクルーザーの特色を最も引き出せるのが、開放感抜群のデッキで親しい友人や家族と催す船上パーティです。

サロンスペースとバリアフリーでつながったキッチンに本格的なオーブンを設置すれば、作る料理のレパートリーも格段に増え、さらに楽しい船上パーティのひと時を過ごすことができるでしょう。

日常を忘れてゆったりリラックス

広大な海でゆっくり過ごすクルーザー

忙しない日常を忘れて癒やしを求めるオーナー様にこそ、窮屈さ感じずに船内で過ごせるサロンクルーザーはおすすめです。

読書やネットサーフィンに耽ったり、デッキで日光浴をしたり、インドア派でも十分楽しむことができます。

海上ならではの夜景鑑賞

海と夜景

普段見慣れた街の夜景も海上から見ることで全く違った風景を堪能できます。

また、人気の花火大会も人混みを気にせずに鑑賞できるのはクルーザーオーナー様の特権です。

某メーカーで販売されているメガクルーザータイプもある

クルーザーの後方にある屋外リビング

※イメージ画像です。「ヤマハ カスタム 64 サロンクルーザー」ではありません。

30フィート台のサロンクルーザーでは物足りないというオーナー様には60フィート以上のメガクルーザータイプのサロンクルーザーはいかがでしょうか。

たとえば、ヤマハが造船した世界に一艇しかない「ヤマハ カスタム 64 サロンクルーザー」は、まるで豪華ホテルのスイートルームをそのままクルーザーにしたような高級感あふれるサロンクルーザーです。

サロンクルーザーはいくらで購入できる?

メガクルーザーのイメージ

気になるサロンクルーザーの価格ですが、船の大きさによって変動するのはもちろん、内装や設備のグレードによっても価格差があります。

たとえば、30フィート台のサロンクルーザーの場合、1,700~2000万円くらい、40フィート台となると8000万円から億超えも珍しくありません。さらに、内装や船舶機器、調度品の設置を考えると、それ以上の価格を考慮する必要があります。

サロンクルーザーは管理が大変?

クルーザーの入り口前にあるソファー

購入したサロンクルーザーをできるだけ長く愛用するためには、日頃のメンテナンスが欠かせません。

しかし、クルーザーのサイズが大きかったり、サロンクルーザー特有の設備があったり、オーナー様一人で船の維持管理をしていくのはとても大変です。

そのようなときはボートヒーローにお任せください。オーナー様の快適なマリンライフを実現するために、船の保守管理を一手に引き受けています。保守内容によって3種類のプランを提供しており、オーナー様のご要望に応じてお選びいただけます。

船舶保守管理サービス

係留上の手配から管理までボートヒーローへお任せ

整列して停泊している多数のクルーザー

サロンクルーザーに限らず、船を購入したら必ず考えなければならないのが係留場所の確保です。

首都圏にあるマリーナの数は限られていたり、係留できる船のサイズに制限があったり、希望するマリーナに留められないという悩みをお持ちのオーナー様も多いようです。

その点、ボートヒーローでは数多くのマリーナと提携していることから係留場所の手配も優先して行うことが可能です。サロンクルーザーの購入をお考えのオーナー様は係留上の手配から管理までサポート体制万全なボートヒーローにぜひご相談ください。

係留場所 空き待ち代行サービス

関連記事